専門医と認定医の違い

専門医と認定医の違い

医師として国家試験に合格した後、標榜科目を決め、場合によっては学会に所属することになります。学会にはいくつかの認定資格があり、認定医・専門医・指導医などと称されます。これらの違いは学会によっても異なりますが、おおむね認定医、専門医、指導医の順にキャリアを積んでいくと考えて良いと思います。これらの資格は学会に所属後、認定施設での経験や試験などによって認定を受ければ資格が得られます。ただ、必要とされる経験年数や試験の難易度は各学会によりまちまちで、更新の方法もバラツキがありますので、学会ごとに意味合いは異なるといえるでしょう。

では、こうした専門医と認定医で待遇などに違いはあるのでしょうか。診療科によっても異なるのが実情ですが、待遇や給与にさほど違いはないようです。ただ、専門医が所属していることが病院にとっては「売り」となることもあり、病院にとっても専門医の資格はメリットがあります。そのような背景から、専門医の資格を持っていると転職の際に有利に働いたり、待遇についても強気で交渉できる、という事情はあるようです。

認定医でも専門医でも、その資格があれば転職などが万事うまくいく、といった性格のものではありません。いずれにせよ満足度の高い転職をしようと思った場合、「転職で実現したいことを明確にし、希望条件を設定すること」「幅広く情報収集すること」が必要になるのは共通です。そんなときにオススメの方法は、医師専門の転職支援サイトや人材紹介会社へ登録し、ご自身のキャリアや希望条件を伝えたうえで希望に合った求人の紹介を受けることです。こうした会社には数多くの「非公開求人」も集まっていますので、希望に合った案件が紹介される可能性も高くなります。非公開求人とは、「条件の良い求人を公開で募集すると応募が殺到してしまう」「何らかの理由で募集していることを知られたくない」などの理由で求人内容を非公開とし、登録者のみに個別で紹介するという募集方法をいいます。一般的に、非公開求人は条件が良かったり人気が高いものである場合が多いため、ぜひこれらを紹介してもらえる体制をつくっておきたいですね。

また、忘れずにチェックしておきたいのが、その職場のリアルな勤務実態。どの程度ご自身の専門領域の知識が生かせるのか、当直や残業はどのくらいか、など詳しくチェックしておきたいところです。可能ならば職場見学に行かせてもらい、実際の勤務先を見せてもらうのも良い方法かもしれません。いずれにせよ、転職支援サイトや人材紹介会社の専任コンサルタントにまずは相談してみると良いでしょう。

<専門医の求人に強い>最新人気ランキングはコチラから!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
●常時10,000件以上揃える案件の豊富さもさることながら、掲載案件は独自の厳しいフィルター
 通過した優良案件のみという安心感が人気。リクルートの医師求人サイトがランキング1位に!
●地域もまんべんなくカバーしており、地方の案件も数多くあるのも人気の秘訣です。
常勤・非常勤・バイト問わず案件多数。高収入の案件も多く、条件に拘りたい方に人気です。
●「エリア別転職動向」「科目別転職動向」「医師の転職におけるQ&A」など、転職を始める
 にあたって知っておきたい内容をコラムとして読むことができます。随時更新中です。
転職・就職のプロであるリクルートのサポートが得られるのも魅力。登録後は経験豊富な専任
 のコンサルタントがつき、情報収集から面接などしっかりとサポートしてくれます。
●「高収入案件」「当直なし案件」など、独自の切り口による案件の紹介も魅力。
●運営会社は、就職・転職に関しては老舗といえるリクルート。その実績は抜群です。


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(5位まで)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 専門医求人.com All Rights Reserved.